| トータル:295 | 今日:1 | 昨日:3 |

幕張メッセLCのアクティビティ紹介

ライオンズクラブのアクティビティ(奉仕活動の事をライオンズクラブでは「アクティビティ」またはそれを省略して「アクト」と呼んでいます。以下「ACT」と表記します。)には、労力奉仕を行う労力ACTと寄付寄贈を行う金銭ACTがあります。
各クラブはそれぞれの特徴にあった様々なACTを行っています。
私たちのクラブで行っているACTの一部を紹介します。


青少年健全育成

 千葉マリーンズ杯争奪選手権大会

千葉マリーンズ杯争奪選手権大会はスポーツで子供達の健全な心と体を育てたいという思いから、青少年スポーツ活動への支援・助成ACTとして千葉幕張メッセライオンズクラブ主催、千葉少年軟式野球協会主管のもと、1998年に第1回大会を開催して以来、千葉幕張メッセライオンズクラブの恒例ACTです。プロ野球で使用されている憧れのZOZOマリンスタジアム(旧称 QVCマリンフィールド)でプレーが出来るとあって、本大会は野球少年たちの目標になっています。
千葉市6区の千葉市少年軟式野球協会に所属する区連の選抜選手のチームと、習志野少年野球連盟(第8回大会より参加)そして、市原市少年野球連盟(第14回大会より参加)によるトーナメント式大会です。
大会の詳細はこちらのページをご覧ください。


 ボーイ・ガールスカウト支援

当クラブが行う奉仕事業の献血活動や盲導犬育成のための募金活動、千葉マリーンズ杯の開会式での入場行進先導など、クラブ活動を助けてくれる幕張地域を拠点とする、日本ボーイスカウト千葉第8団、ガールスカウト千葉県第6団、ガールスカウト千葉県第48団の3団体へ資金援助を行っています。
各団体の詳細な活動はそれぞれのホームページをご覧ください。


盲導犬育成募金活動

盲導犬は目の不自由な方の生活を助けるパートナーです。しかし、盲導犬になるには、犬ならばどんな犬でも良いというわけではなく、厳しい訓練をつみ、なおかつ「介助犬」としての適性を持った、ほんの数頭のみが「盲導犬」として働くことを許されるのです。その「盲導犬」は盲導犬協会から貸し出されているものだということをご存知でしたか?

当クラブでは「盲導犬を千葉市に!」をスローガンに、盲導犬を千葉市に誘致するための募金活動や、千葉に住む皆さんに、もっと広く盲導犬を知ってもらおうと啓蒙活動(講習会の開催など)を続けています。
私たちが育成支援をしているのは、日本盲導犬協会です。
募金活動は、献血活動での献血への呼び掛けの折やマリーンズ杯でのプログラムの売上げ、クラブメンバーの事業所や自宅などでの募金を育成資金として日本盲導犬協会へお贈りしています。

日本盲導犬協会へはこちらをクリックしてください。

画像の説明


日本赤十字社の献血活動支援

年間2回の献血活動をボーイスカウトとガールスカウトの子ども達と一緒にJR稲毛海岸駅前とJR海浜幕張駅前で行っています。
道行く人たちに献血への協力を呼びかけると同時に盲導犬育成募金への協力もお願いしています。
子ども達の真剣な呼び掛けに大いに助けられています。

日本赤十字社へはこちらをクリックしてください。

日本赤十字社のホームページ